MENU

浮気不倫は不法行為で違法なの?法律違反なら罰則は

浮気や不倫といったことは倫理に反した行いであるということは誰でも知っていることでしょう。
既に結婚して夫婦となっているにも関わらず不倫を行ったとなれば大問題になるでしょうし、結婚をしていなかったとしてもお互いに恋人だと感じていたにも関わらず浮気をしたとなれば、やはりその男女関係は決裂する可能性が高くなります。
ただ浮気や不倫が違法行為なのかと言われると、まず浮気にせよ不倫にせよこういったものがすぐに違法行為になることはありません。
そもそも法律の場において浮気や不倫といった言葉は使われておらず、そこでは「不貞行為」という言葉が使用されています。
不貞行為の定義としては配偶者がいながらにして他の異性と性行為に及んだといった内容になっており、この不貞行為に該当する場合のみ違法と扱われているのです。

 

ですから性行為に及んでいない浮気、例えば妻が別の男性と一緒に手をつないで出かけていた、夫が別の女性とキスをしていたといったことであれば、法律上の不貞行為には該当しないため違法ではありません。
もちろん性行為に至っていたのであれば違法行為ですから、「法律の場においては結婚している人がパートナー以外とセックスをしたら違法だ」と覚えておけば良いでしょう。
これを定義しているのは民法第770条第1項第1号の部分です。
民法では第770条第1項として「夫婦の一方は以下の場合に限り離婚の訴えを提起することができる」とあり、そこに続く第1号には「配偶者に不貞な行為があったとき」としています。
よって不貞行為は結婚関係を存続させ難い離婚の理由として扱われており、法律によって定められた違法行為であるとなるのです。
当然ながらこうした不貞行為を行って離婚に至ったということであれば、その理由を作った浮気・不倫をした側が相手に賠償金を支払うことになります。
金額はケースバイケースですが数百万円くらいであれば普通に請求されますから、浮気などという火遊びは行うべきではないのです。