MENU

風俗は浮気や不倫になるのか?

浮気の場合でもあまり想像したくないケースでしょうが、妻が風俗店で働いていた場合にそれを理由に離婚できるかということですが、基本的にはもちろん可能でしょう。
法律論でいえば、浮気であれ風俗であれ、配偶者以外と肉体関係を持つことは不貞行為にあたり、立派な離婚理由になります。とはいっても、単なる浮気ではなくて、例えば経済的理由でやむを得ずというような場合もあるでしょう。これは多少は事情を勘案する余地はあるかもしれませんが、しかし離婚理由になることそのものはまず間違いありません。いくらお金に困っていようが、そんな理由で肉体関係を持つことまで裁判所は認めていないのです。
ところで、浮気でも風俗でもそうですが、肉体関係は持たない、そこまでは行かないケースもありますね。この場合は少々話しが違ってきます。法律上、不貞行為とは肉体関係そのものを指します。ですから、肉体関係のない風俗で働いていたような場合には、それは不貞行為を理由とした離婚の理由にはなりません。ところが実態として、1回限りの浮気ならばまだしも、風俗店において働き、他の男性に性的なサービスを継続的に提供するというのは、たとえ肉体関係にまで至らずとも、つまり不貞行為には当たらずとも、婚姻を継続し難い重大な理由にあてはまることが多いと考えられます。ですから、結局のところは離婚理由として認められる場合が多くなるでしょう。ただし一応は、風俗店で働いていた期間や頻度、働いていた理由、例えば本当に家族の生活のために止むを得なかったのか、それとも単に自分の遊興費が欲しかっただけなのかといった理由、あるいはそれまでの夫婦関係などの事情が考慮されることにはなります。
また、仮に子供がいる場合、当然ながら風俗勤務というのは子供の成長にとって良い影響があるとは思えませんから、どちらが親権を持つかということに際しては大いに考慮される要素になることを付記しておきます。