MENU

浮気相手に情が移った夫とは離婚しましょう

夫婦間の裏切り行為としては、浮気をしてしまうことがあるでしょう。
今まで夫婦仲良く暮らしてきたというのに、夫の浮気によって裏切られたということになれば、夫婦の信頼関係は一気に崩れてしまうことになります。
浮気が発覚したときには、夫婦関係を構築しなおすかどうかを考えるようになります。
夫はやり直したいといったとしても、そこをどうするか決めるのは妻の判断で決めるようにしてもいいでしょう。
浮気をした人の気持ちを優先するのではなく、された方がどうするかを決める決定権を持っていてもいいはずです。
された方としては、このまままた信頼をしても大丈夫なのかという不安があるはずですので、今だけの気持ちで考えるのではなく、これから何十年と先のことまで考えて決めるようにしなくてはなりません。
夫を許すかどうか、また信頼できるかどうかは、夫の行動次第で判断をするようにしてもいいでしょう。
もしも夫が、相手に情が移ってしまっているのであれば、離婚をした方がいいでしょう。
妻とやり直したいという風に口では言いながらも、相手のことを心配していたり、相手をかばうようなことをしているようでは、情が移っているといえます。
情が移っているとなると、この先本当にきれいに別れてくれるのかもわからない状態といえます。
何かのきっかけでまた浮気相手から連絡があれば、ふらふらと気持ちも動いてしまう可能性があるといえるでしょう。
とりあえず一時的に妻と別れることなく生活をスタートさせたとしても、また同じことを繰り返されてしまえばたまったものではありません。
夫の気持ちがどこにあるのかによって離婚を考えるようにしましょう。
妻とやり直したいといったとしても、それは今の生活を手放したくないというだけのことかもしれません。
気持ちは妻の元には一切ないということになれば、この先何十年と寂しい思いをし続けることになります。
新婚の時のような気持ちはなかったとしても、最低限の愛情というのは感じておいてもらいたいものです。

長年連れ添ってきていると、そんな感情も薄れていくようにはなりますが、最低限の感情は必要になります。
ただ生活を維持したいからという理由だけでは、自分を裏切った夫と一生を共にする必要はありませんので、正しい判断をするようにしましょう。
また同じことを繰り返されたときに、つらい思いをするのは自分や子供たちなのだということを考えて、行動をしなくてはなりません。