MENU

浮気された場合の慰謝料裁判は辛い。探偵を雇い証拠を集めましょう

浮気をされた場合に慰謝料を取ろうと思うと、どういうことが必要になるでしょうか。もちろん相手が素直に浮気を認め、自主的に慰謝料を支払うというのであれば別に必要なものは何も無いでしょう。しかし、そもそも浮気をするような人間が、何も無しに素直に認めるというようなことがあり得るのでしょうか。のらりくらりと誤魔化したり、場合によっては自分のほうに問題があると責められるというようなことも十分に考えられるでしょう。
そのようなことを考えれば、必要なものとはやはり証拠です。誤魔化しようのない証拠、有無を言わせることのないような証拠が必要になってきます。
さて、ではそのような証拠はどうやって集めればよいでしょうか。考えられるのは、例えばメールを集めておくことでしょうか。相手とのやり取りをしているメール、誘ったり誘われたりしているメールなどです。さらには、相手と一緒にいる写真を何とかしてゲットできないでしょうか。スマホの中にツーショットが入っているかもしれません。
というように、いろいろ考えられるところでしょう。しかし、誠に残念です。これらは確かに浮気の証拠にはなるのかもしれませんが、こと慰謝料を取れるかどうかということに関しては、全く何の証拠にもなりません。なぜかというと、法律上、離婚の理由として認められ、慰謝料を請求できるのは相手の不貞行為だからです。そして、不貞行為とは、相手とメールのやり取りをしている、誘ったり誘われたりしている、二人で一緒にいるなどというのは一切含まれません。その意味ではキスでさえも該当しないのです。不貞行為とはつまり肉体関係だけだからです。
ただし、当たり前ですがさすがに肉体関係を持っているまさにその現場を押さえるのは難しいことは法律も分かっています。どうみても肉体関係を持っているとしか思えない、強く推定される証拠であって、相手のマンションに出入りしているところとか、ホテルの部屋に二人で出入りしているところなどが該当します。正直なところ、これらを押さえるのは素人では困難です。プロの探偵を雇いましょう。